農園長ブログ

GoPro MAXロードバイクマウント4種と編集構図・画角を比較してみた! #3 チェストマウント編

投稿日:

360度カメラGoPro MAXの特徴を活かし、ロードバイクの楽しさ、山梨の素晴らしさを伝えることのできる

撮影と編集方法を4種類のカメラ位置から検討してみました。

 

第三回目はチェストマウント編です。

カメラを4点式ベルトで胸の前に固定します。

 

この時点での結論から言うと、あまりお勧めは出来ない感じですね。

 

【良い点】

・疾走感:視点が低い分、スピード感が出る。しかし、ハンドルバーよりは高いため、最優位点にはならないだろう、、、

・低い装着負荷:少なくともカメラの重量は感じない。ただし、マウントベルトで圧迫感はあり。

【悪い点】

・狭い視野:ほぼほぼHeroモードと変わらぬ視野しか確保できない。自撮り画角も今一つ。

・大きい風切り音:カメラを上下いずれにしても、進行方向と正対する為風切り音MAX。

・醜いスティッチ部:カメラを上に向けると正面にレンズのつなぎ目が来る。カメラを下に向けることで回避可能。

 

【第一回目 自撮り棒編】https://youtu.be/tK0Ud_dIuV0

【第二回目 ヘルメットマウント編】https://youtu.be/Lb9TjkbSGEA

【編集ソフト比較】https://youtu.be/zYA-f1NxlqM

【ロードバイク搭載GoPro Max全天球モードの特性を活かす一番の構図!?】https://youtu.be/42Ct3n26W6A

 

【GoPro MAXらしさを活かす要件とは・・・】

・自転車らしい構図を作るハンドル含む前方視野

・素敵な対象物を逃さない360度視野

・もがき苦しむ自分も撮れる

・ロードバイク特有のスピード感

 

これらをうまく表現することのできるマウントを以下の4種で比較してみます。

#1 110cmほどの自撮り棒を背中にぶっさす

#2 ヘルメットマウント(天頂部)

#3 チェストマウント

#4 ハンドルバーマウント

 

#4編集後にどれが素敵か結果をお知らせしますのでお楽しみに!!

 

 

撮影日:2019年11月21日

場所:南アルプス市のループ橋(桃花橋)を含む登り約1.3km

 

【ループ橋(本名:桃花橋、とうかきょう】

高さ23.5m、直径100mのループ橋

上に見晴らし公園有

関東の富士見百景に選ばれている。

建設費は12億6千万とも言われている。

 

このループ橋は、グルメ・ファンライドイベント『南アルプスロングライド』のコースの一部にもなっている素敵な場所です。また、交通量も少なく路面も良いため、反復トレーニングにも最適ですので、皆さま、是非走ってみてくださいね!

【南アルプスロングライド】

http://yamanashi-cycle.org/mal/

0

Copyright© 五感で感じる観光農園 くだものびより 南アルプス さとう農園 , 2023 All Rights Reserved.